売掛金や売掛債権を買取りしてもらえるファクタリングとは?メリット・デメリットを解説!

資金調達に苦しんでいる経営者のあなたへ。

 

当サイトでは、資金調達の問題やそれを解決するファクタリングのメリット・デメリットを分かりやすく説明しています。

 

資金調達で悩んでいる方がこのサイトを見ることで、資金調達にはどんな解決方法があるのかを理解することができます。

 

また、自分に合った資金調達の選択肢を選ぶことが出来るようになります。資金調達で悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

 

チェックボックスアイコン (4)資金調達が出来ないと起こる様々な問題

 

資金調達では、しばしばこんな問題が起こります。

 

  • せっかく売上が上がってきたのに、買掛金が足りない。
  • 売掛金が入ってくるまでに時間が掛かるが、従業員の給料を払わなくてはいけない。
  • 大規模な受注が舞い込んできたのに、仕入れが間に合わない。
  • キャッシュフローが悪くなったのに、銀行が追加融資をしてくれない。
  • 信用情報が悪く、借り入れできない。
  • 担保が無かったり保証人が居なかったりして融資を引き出せない

 

このように、資金調達が出来ないと様々な問題を抱えることになります。銀行が融資をしてくれるのであれば、何も問題は無いのでしょう。しかし現実問題として、銀行はそれほどスピーディーに融資をしてくれません。

 

また業績が悪化してきた場合、キャッシュフローを改善するために追加融資を求めても断れることも良くあることです。

 

『悪化した業績を立て直すために事業資金が必要なのに、業績が悪いから融資を受けられない』という最悪な事態に陥ってしまうことも考えられます。

 

また業績が好調でも、『売掛金の入金が仕入れの支払いに間に合わない』などの問題があります。

 

いずれの問題でも、解決に必要なのは『短期間での資金調達』です。

 

L1-fl03-4 資金調達の悩みが一気に解消する『ファクタリング』とは?

 

短期間で資金調達するために今注目を集めているのが、『ファクタリング』というサービスです。

 

ファクタリングとは、簡単に言うと『売掛金(売掛債権)の現金化』です。

 

毎月売上が上がってもそれがすぐに現金として口座に入ってくる訳ではありませんよね?売上月から1ヶ月後だったり2ヶ月後だったり、売掛金が現金として入金されるまでにはタイムラグがあります。

 

このタイムラグがキャッシュフローを悪くする原因となります。ファクタリングはその売掛金を買い取って貰うことによって、短期間で現金化するサービスのことです。

 

ファクタリングによって現金化された売掛金を事業資金として使うことによってキャッシュフローを劇的に改善することが出来るんです。

 

 L1-fl03-5ファクタリングのデメリット・メリット

 

ファクタリングには以下のようなデメリットが存在します。

チェックボックスアイコン (4)ファクタリングのデメリット

売掛金が無いと出来ない

これは当然ですね。現金化する売掛金が無ければ買い取ってもらうことも出来ません。

 

売掛金を上回る資金調達は出来ない。

ファクタリングは売掛金を現金化するので、売掛金を上回る資金を調達することは出来ません。

 

手数料が掛かる。

売掛金を買い取って貰うためには手数料が掛かります。

 

返済は一括

ファクタリングは売掛金を買い取ってもらった時点で、その売掛金はファクタリング会社のものです。従って、売掛金が入金され次第一括で返済義務があります。

 

このように、ファクタリングには売掛債権を現金化する仕組みならではのデメリットがあります。

 

しかし、上記のようなデメリットを上回る大きなメリットがファクタリングにはいくつもあります。

 

チェックボックスアイコン (4)ファクタリングのメリット

最短即日入金で売掛金を売却可能。

銀行に「資金繰りがしんどいんで、今日中に入金してください」と言って今日中に入金されると思いますか?まず無理でしょう。鼻で笑われておしまいです。

 

ファクタリングであれば、売掛債権を売却し最短即日入金も可能です。

 

売掛金の範囲内であれば大口の資金調達も可能。

融資であれば審査に時間がかかった上に目標額の調達さえ出来ないかもしれません。

 

ファクタリングなら売掛金さえあれば大口の資金調達も可能です。担保となる不動産や、保証人も必要ありません。

 

キャッシュフローを大幅に改善。

ファクタリングによって売掛金を現金化出来れば、キャッシュフローが大幅に改善できます。余剰資金を再投資することにより、経営を加速させることが可能です。

 

バランスシートをスリム化出来る。

ファクタリングで売掛金を売却すると、バランスシート(賃借対照表)の外に出すことが出来るので身軽になります。

 

その結果、有利子負債を減らし、総資本利益率も向上するので外部からの評価も高まります。

 

銀行からの融資へ繋がる可能性がある。

ファクタリングを行うと総資本利益率が向上し外部からの評価が高まります。つまり、銀行からの評価が高まり融資へと繋がる可能性があるということです。

 

ファクタリング前は借り入れ出来なかった事業資金を、ファクタリング後は融資して貰える可能性があります。

 

債務ではないので負債にならない。

売掛金の売却は債務、いわゆる『借金』ではないので負債になりません。売掛債権という「モノ」を買い取って貰うので単なる売買と同じです。

 

ファクタリングを行うことで金融機関から『債務超過』と評価されることはないので安心できます。

 

信用情報に悪影響を及ぼすことも全くありません。欧米企業では、むしろファクタリングを行って素早い経営を行うのが常識です。

 

取引先にバレずに売掛金を売却可能。

いくら金融機関から評価が良くなっても、取引先から「売掛金を売却しなきゃいけないほど経営が悪化してるのか?」と疑われるのはイヤですよね?

 

ファクタリングは取引先に通知せずに売掛金を買い取ってもらうことも可能なので、バレずに売掛債権の現金化が出来ます。

 

取引先が倒産しても支払い義務が発生しない。

ファクタリングを行って売掛金を現金化した後に取引先が倒産したとします。その場合、売掛金が入金されることが無くなったとしても支払い義務はありません。

 

法律上、ファクタリングは「償還請求権なしの売掛債権買取」に該当するからです。

 

つまり、ファクタリングを利用することで利益の先取りをしつつリスクヘッジを行うことが可能なのです。

 

金融機関やビジネスローンと審査方法が違う

ファクタリングは金融機関やビジネスローンとは審査方法が違うので、融資を断られた場合でも売掛債権さえあれば買い取って貰える可能性は十分にあります。

 

このように、ファクタリングにはメリットが沢山あるので近年では融資よりもファクタリングで資金を調達する企業が増えてきています。負債を抱えずに短期間で資金調達が可能というのは大きなポイントです。

 

 

L1-fl03-4ファクタリングを利用することで悩みが解決する人

 

ファクタリングはこんな方におすすめです。

  • 事業資金が急に必要になった。
  • 銀行・ノンバンク・その他金融機関から融資を断られた。
  • 赤字決算・債務超過・借入ブラック・税金滞納でもう借り入れ出来ない。
  • 担保にする不動産も無いし保証人も居ない。
  • キャッシュフローを改善したい。
  • 素早い再投資を行って経営を加速させたい。
  • つなぎ資金が必要になった。
  • 債務を増やさずに事業資金を調達したい。
  • 金融機関からの評価を高めて融資へと繋げたい。
  • 取引先にはバレずに売掛金を売却して資金調達したい。

 

 

チェックボックスアイコン (4)10秒無料診断で資金調達額をチェック

 

「ウチは売掛債権を買い取って貰えるのかな?」「一体いくらくらい調達出来るんだろう?」「どこのファクタリング会社に買取りを依頼すれば良いんだろう?」と考えている方におすすめのサービスがあります。

 

資金調達プロ


資金調達プロでは、今いくら資金調達できるかすぐ分かる『10秒カンタン無料診断』を行っています。売掛金の金額など、簡単な情報を入力するだけで結果を見ることが出来ます。

 

その後、最適なファクタリング会社をすぐに紹介してもらえます。

 

今すぐ借金せずに資金調達がしたい方は無料診断をオススメします。
銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できる?【資金調達プロ】
10秒カンタン無料診断をやってみる

 

チェックボックスアイコン (4)資金調達プロ利用者の声

suit2急な受注に対応するため、事業資金の調達が必要でした。しかしそんな矢先、売掛先の1つが倒産し資金繰りが悪化。銀行に相談したのですが、取り合ってくれません。そんな時に知ったのがファクタリングというシステムでした。
ファクタリングで無事に資金を手に入れることができて、本当に助かりました。

suit1

売掛金が入金されるのが遅く、買掛金を調達するのに苦労していました。仕入れや給料の支払いに必要な資金を調達するのに、毎日資金繰りに苦しんでいました。

売掛金を先に手に入れることが出来るファクタリングによって、一気に経営を軌道に乗せることが出来ました。成長企業に欠かせない先行投資がどんどん出来るのはファクタリングというシステムのおかげですね。

資金調達プロ公式サイトへ

 

チェックボックスアイコン (4)その他の借りない資金調達方法

 

 

ファクタリングとはつまり、「資産の流動化」です。ということは現金化出来ていない資産を流動化、売却することが出来れば同じ効果が得られます。

 

売却出来そうな資産は無いでしょうか?以下に、様々な資産の売却サービスを載せておきます。売れそうなものがあれば現金へ変えるのも1つの手です。

 

【2016年度版】借金せずに資金調達可能な売却サービス一覧

トラック王国・・・トラック・重機買取

創業17年の商用車買取・販売サイト。全国どこでも対応しているので場所は気にせず無料査定申込み可能。即日現金買取も行っているので運転資金・事業資金の調達に利用できる。

トラックだけではなく、油圧重機・発電機なども買い取ってくれる。トラックの社名ペイント削除や、県外販売などにも対応しているので安心して申し込める。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(骨董品)・・・骨董品買取

骨董品の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。伊万里・九谷・唐津・備前・瀬戸などの陶磁器を買い取ってくれる。鑑定書が無いものや、作者不明、ヒビ割れがあっても買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(ブランド洋服)・・・ブランド洋服買取

ブランド洋服の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。エルメス・シャネル・ルイヴィトンなどのブランド洋服を買い取ってくれる。着古してしまったものや、日焼けしてしまったものでも買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(ブランド品)・・・ブランドバッグ・財布買取

ブランド品の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。グッチ・エルメス・プラダなどのブランドバッグや財布を買い取ってくれる。擦れ傷があったり型崩れしていても買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(切手)・・・切手買取

切手の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。普通切手・古い切手・記念切手などの切手を買い取ってくれる。価値の不明な外国切手や一部変色・破れがあっても買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(古銭)・・・古銭買取

古銭の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。古銭・金貨・コインなどの硬貨を買い取ってくれる。古い紙幣や硬貨・紙幣入りアルバムも買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(毛皮)・・・毛皮買取

毛皮の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。コート・ショールなどの毛皮製品を買い取ってくれる。ノーブランドや虫食い、水濡れしてしまった毛皮も買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(ダイヤモンド)・・・ダイヤモンド買取

ダイヤモンドの出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。鑑定書が無いものや、ノーブランド、傷・汚れがあるものでも買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(金・プラチナ)・・・金・プラチナ買取

金・プラチナの出張・買取専門サイト。日本全国対応。切れてしまったネックレスや、傷ついたジュエリー、外した金歯なども買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(時計)・・・時計買取

腕時計の出張・買取専門サイト。日本全国対応。傷ついてしまった時計や、壊れて動かなくなった腕時計、懐中時計なども買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

買取プレミアム(酒)・・・お酒・洋酒買取

お酒・洋酒の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。保存状態が悪いお酒、箱のないお酒、コルクがヒビ割れているワインなども買い取ってくれる。

 

 

買取プレミアム(着物)・・・着物買取

着物・訪問着の出張査定・買取専門サイト。日本全国対応。シワがついてしまった着物、証紙・証明書がない着物でも買い取ってくれる。

公式サイトへ

 

ファクタリング情報まとめ

ファクタリングは企業が持っている売掛金を、ファクタリングの専門業者が償還請求権無しによる方法で、買取をすることで資金提供を行う仕組みとなります。契約を行った企業が保有している売掛金をファクタリングの業者に譲渡して、売掛先企業からの支払いサイトの期日よりも前に資金の支払いが行われます。ファクタリングを行うことによって、売掛金を早期に資金化できますのでキャッシュフローを改善できる効果があります。企業は自社の必要な資金に応じる形で債権を売却して、代金を受け取ることで担保などを請求されることもなく、債権の回収日まで資金化できない受取手形や売掛金を期日前に現金化することが可能です。償還請求権無しの譲渡となることから、売掛金のバランスシートをスリム化することに繋がります。ファクタリング契約を締結したときには、売掛先の企業が倒産して専門業者が売掛金の回収ができなくなったときであっても、専門業者がリスクを負担することで、契約をした企業にとっては負担の支払い義務が発生しません。早期に資金を調達しながら、リスクを回避できるメリットがあります。キャッシュフローの問題については、中小企業にとって最も大きな問題となり、決算が黒字の場合であっても資金繰りに苦労することも考えられます。銀行などに融資を断られたときや、メインバンクや取引先に知られない方法で資金調達を行いたいとき、売掛相手の支払いサイトが長いときなどに行うことが有効です。
デメリット面としては、自社と売掛先企業とファクタリングの専門業者との三社間の取引となることから、売掛先企業の承諾を受けることが成立の条件となります。そのために手続きや交渉に時間がかかる場合もあるので、早期に契約が行えるかどうかを見極めることが大切です。売掛先企業との取引内容で、売掛債権を譲渡するときには法律に基づいて債権譲渡取引を行わなければならないことが考えられ、その場合には事前の確認をしておく必要があります。

商品の納品であったり、サービスの提供を終えているときに、支払いを請求している段階で支払いが実行されていない債権のことを売掛債権と言います。ファクタリングは売掛債権について、第三者の専門的な業者が買い取って、売却先に資金を支払うものとなります。仕入れなどでは、企業間において資金の取引ではなく掛によって売買が成立しますので、相手企業の支払いサイトの期間によっては、資金が手に入るまでタイムラグが発生します。中小企業にとっては支払いが成立するまでのタイムラグの間に、会社のキャッシュフローがマイナスに作用することが考えられますので、ファクタリングはそれを改善させることが可能な取引と言えます。専門の業者とファクタリングの契約を行って、売掛先の企業と専門業者が契約の承諾を行うことで、売掛債権の売買代金が業者のほうから支払われます。その後に期日までに、売掛先の企業がファクタリング業者に対して売掛金の支払いを行うことになります。この取引によって、企業によっては売掛先からの資金回収を行う時に発生するタイムラグの問題を解消することが可能です。ファクタリングは、金融機関から受ける融資とは性格が異なるものです。金融機関からの融資は借入金になることから、一時的なキャッシュフローの問題を解消できたとしても、借金が増えることで利子の支払いもしなければなりません。その結果として、中長期的に考えると企業にとっての資金繰りが悪化してしまう可能性があります。ファクタリングは売掛債権を譲渡して資金化しているだけですので、借入として計上されることはありません。契約のときに償還請求権をなしにしておくことによって、売掛先の企業が倒産してしまって債権の返済ができなくなったときであっても、専門業者に対して支払いをする義務が発生しない点もメリットとして考えられます。自社と売掛先の企業、専門業者との3社間の取引になるときには、売掛先の企業に対して承諾を得る必要があるために、手続きや交渉の手間がかかることもあります。