ファクタリングのメリットと料率などの費用について

中小企業などのように経営のための資金繰りが苦しいときに、解決するための方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングを活用することで、最短であれば1日で現金を確保することが可能なために、金融機関から融資を断られたときの解決法として検討する必要があります。

ファクタリング会社と契約を締結することで、売掛先の企業から現金が支払われる前に、業者から資金の調達を受けることが可能となります。ファクタリングは融資とは異なり、得ることができる資金は売掛債権の範囲内となりますが、借り入れではなく、負債に該当しません。

ファクタリングのメリットとしては、大口の資金調達が可能な場合もあり、キャッシュフローを改善できます。負債にならないためにバランスシートのスリム化が可能で、償還請求権無しの契約であれば、取引先が倒産した場合であっても支払い義務が発生しません。融資を受けているわけではないために、信用情報に影響が出ることはなく、銀行の融資の再開を目指すこともできます。

売掛金をファクタリングするときの掛け目は、75~95%程度が一般的であると言われています。売掛先の企業が与信対象となるために、その結果によって料率が決まります。事前に料率を把握したいときには、専門会社に相談しておいて、いくらの資金化が可能か聞いておく必要があります。売掛債権をファクタリングする際には、債権譲渡登記を行うことで第三者対抗要件に備えておかなければなりません。

債権譲渡登記については、1件あたりの費用は7~9万円ほどかかるもので、後で登記を抹消する際にも1~2万円の手続き費用がかかります。専門会社によって掛け目の料率が異なるだけではなく、サービスも変わってきますので掛け目だけでどこの会社が良いかは判断できません。ファクタリングは3社間取引となりますが、専門会社の中には2社間取引について対応しているところも存在しているために、そのときには取引がスピーディに行えるメリットがあります。

コメントは受け付けていません。