ファクタリングの仕組みとメリット。システムを理解して利用しましょう。

売掛債権はサービスの提供や商品を納品することが終わっていて、請求を済ませているにも関わらず、実行がされていない債権のことを指します。ファクタリングはそのような売掛債権について、第三者の立場の専門的な業者が購入する取引となります。

仕入れでは、企業の間では資金による取引ではなく掛による売買契約が成立しますので、相手の企業の支払いサイトの長さで資金化されるまでに、タイムラグが生じます。このタイムラグによって会社のキャッシュフローがマイナスになることが考えられますので、その解決法としてファクタリングがあります。

中小企業に至っては決算が黒字であっても資金繰りに苦労することもあり、ファクタリングによる解決を検討しなければならないことが予想されます。売掛金が発生したときに、自社から売掛先の企業にファクタリング契約の打診を行って、専門業者が売掛先業者と契約を締結します。

売掛先企業と請求金額の確認を行って、専門業者から早期売掛金の支払いを受けて、その後に売掛先の企業からファクタリングの専門業者に、期日どおりに売掛金が支払われる仕組みとなります。タイムラグは状況によって異なり、30日のときもあれば180日ほどの長さになることも考えられます。その場合にキャッシュフローが行き詰ってしまうことを回避するためには、ファクタリングが有効な手段となります。

金融機関からつなぎ融資を受けたときには借入金になるために、キャッシュフローの問題が解決できたときであっても、借金が増えることで利子の支払いが生じます。その場合には、長期的に判断すると企業の資金繰りが苦しくなる原因になりかねませんが、ファクタリングであれば売掛債権の譲渡にあたるために、資金化を行ったとしても借入として計上しなくても済むメリットがあります。

売掛金については必ずしも現金化できると決まっていませんが、ファクタリングを行うことで売掛先の企業が万が一倒産してしまったとしても、譲渡金を受け取れる点もメリットとして考えられます。”

コメントは受け付けていません。