ファクタリングの仕組みと契約におけるポイントについて

中小企業の中には資金繰りに苦しい状況で、金融機関から融資を断れたときに素早く現金を確保できる資金調達方法としてファクタリングという方法があります。

ファクタリングは企業が保有している売掛金を、ファクタリングの専門会社に償還請求権無しで売却することで、売掛先の支払いサイトの期日よりも前に、資金を支払ってもらえる仕組みのことを指します。

ファクタリングを実行するためには、商品やサービスの提供を取引先に行っていて売掛先が発生していることが条件となります。請求書が発行されている必要で、売上が上がっていたとしても、すぐに資金を手に入れることができるわけではなく、入金までにはタイムラグが生じることが多いと言えます。

企業とファクタリング会社との間で契約を締結することで、売掛金を専門業者に売却することができます。専門業者に売却をするためには、債権譲渡契約や集金代行業務委託契約を締結しておくことが必要です。ファクタリング業者から直接資金を調達できるので、売掛先の業者から支払ってもらうよりも前に、その資金を活用して商品仕入れの支払いや、従業員への給料を支払うことが可能になります。

契約を行った企業が売掛先企業から資金を回収して、契約を行っているファクタリング会社に支払う2社間の取引と、ファクタリング会社が売掛先企業から資金の回収を行う3社間の取引の場合があります。契約を行うときの重要なポイントの1つとしては、償還請求権についてのものがあります。

償還請求権は、売掛先の企業が倒産したときであっても、専門業者が企業に対してお金を請求する権利のことを指します。償還請求権無しの契約であれば、売掛先の企業が倒産したときに契約をしている企業は責任を問われることはありません。

償還請求権がありの場合には、売掛先が倒産したときに支払い義務が発生するために、負債を抱えることになります。2社間における契約の場合には、償還請求権が無いことがほとんどとなるので注意が必要と言えます。

コメントは受け付けていません。