ファクタリングは融資とは違う?ローンとの違いを解説

ファクタリングとは、企業の売掛債権を買い取って代金回収を行う金融業務のことです。これは本来は企業が自分たちで行うべき債権回収業務なのですが、ファクタリング会社へ手数料を支払って売却するのです。ですからごく簡単に言うなら、まだ入ってきていない売上を先に資金化できる方法であると言えます。

この方法ですと、確かに手数料は取られますので、その分、手に入る現金は減ってしまいます。しかし取り引き先の企業からの入金を待たずに済みますので、スピーディーに現金が手に入るのです。そのメリットは、時と場合によっては非常に大きいと言えるでしょう。

しかしファクタリングの一般的な認知度はまだ低く、知らない人は多いです。それゆえ、何だか怪しくて危ないような印象を持たれてしまうこともあります。しかし、これは正式に認められている合法的な金融取り引きなのです。もちろん、国によって認められている方法ですたとえば、建設業界においては、国土交通省が下請債権保全支援事業の一環としてファクタリング会社を紹介してくれることもあるのです。

これは銀行融資や事業ローンなどと比べると、少し高めの手数料となります。しかし売掛金さえあれば簡単で便利な資金調達方法ですので、確実に事業資金を回収できる確実な方法だと言えるのです。

ところでファクタリングは事業資金を手に入れる方法なのですから、キャッシングのようにお金を借りることと似ています。しかし実際は借りるのではなくて、あくまでも売掛金を買い取ってもらうことなので、厳密に言えば融資でも借り入れでもないのです。

また、ファクタリングでは、審査基準が通常の融資とは異なります。普通の融資においては借りる側が審査の対象になるのですが、ファクタリングでの審査は売掛金のある取り引き先の企業に重点が置かれます。なぜなら、売掛先のある企業こそが約束を守って期日にお金を支払ってくれることを前提にして成り立っているからです。ですから一般的な資金調達では審査に通るのが困難になってしまう場合でも、それでも十分に利用は可能なのです。

コメントは受け付けていません。