ファクタリングをして早期に現金を調達する方法とは?

顧客の企業にサービスの提供や商品を売買する際に、月ごとの購入額をまとめて決まった日に支払うと約束している場合があります。

これは、帳簿で言う売掛金に該当します。顧客の企業の中には、締め日や支払日の関係で、実際の入金までに1ヶ月以上の期間が空くことがあり、売上をした企業がお金が入用になって、現金調達を急ぐ場合があります。

ファクタリングは、売掛金などの債権を、サービスを提供する金融機関に買い取り依頼をすることを指しています。所定の手数料を支払うことで、早期に現金調達ができるため、資金繰りに厳しい中小企業にとっては非常に便利です。

ファクタリングは債権の譲渡取引となりますので、借入金にはあたりません。融資を受けるわけではないので、信用情報機関に記載される心配もありませんし、融資を受けている金融機関から、経営が危ういのではと判断される心配もありません。

取引には自社と売掛金の相手先とファクタリング業者の3社間取引と、自社と業者の2社間取引があります。3社間では、手数料が安くなり、取り分が増えますが、相手先に通知が必要となったり、場合によっては債権を移すので登記が必要となったりして、手間がかかる場合があります。手数料が高くなったとしても、相手先に内緒にしたい場合には、2社間取引に応じられるファクタリング業者を選んだ方がいい場合もあります。

ファクタリングの仕組みは、受取手形の割引と似ています。しかし、割引をした手形が振出人の企業が、支払えずに不渡りを出してしまった場合には、弁済をする義務がありますが、ファクタリング取引では売掛金の相手先が、倒産等の事情で支払いが不能となってしまっても、譲渡元の企業には弁済の義務はありません。

そのことから、ファクタリングをする際に、譲渡をされる金融機関側が、相手先の企業の信用がおけるかどうか審査を行い、信用情報が基準に達していない企業の売掛金については、ファクタリングを断られることもありますので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。