ファクタリングとは? メリットとデメリット、そしてリスクはあるのか

ファクタリングとは、売掛債権を買取ってくれる仕組みとそれらを扱う会社のことで、資金繰りに困ったさいに資金調達を行うさいの方法のひとつです。これらのメリットとしては売掛金を早期に現金化ができるということで、資金繰りの改善に大きく役立てることができます。

売掛債権は、商品の販売相手に商品を納入して、それらの代金を後払いにしたさいに発生するものです。つまり後日に支払いが行われるということで売掛を行う側にとっては現金を支払ってもらえる権利といえます。なお、売掛は商品を売った側のことであり、購入した側は買掛といいます。売掛は資産になり、買掛は負債、つまりいずれは支払わなければいけないお金という扱いになります。

このような仕組みが生まれた背景としては毎日大量の商品を取引する上では、その都度、現金決済をすると手続きが煩雑になることが大きく影響しています。
売掛債権のメリットとしては、商品を購入する側にとっては自社の現金を流出させないで、商品を購入することができ、また購入した商品を販売によって現金を得ることができれば、それらのお金を代金が支払えるということです。また現場での現金決済と異なって売掛であれば取引時に頻繁に多額の現金を扱わなくて済み、また後日にまとめて決済されるので、資金の管理がし易いといったこともメリットといえます。
反対に商品を販売する側にとっては、商品を販売してもすぐに現金を得ることができないというのがデメリットです。一般的には売掛債権の回収は30日程度、長くて180日後となり、その期日で代金が支払われます。信用できる会社であれば問題なく支払われますが、その間に会社が倒産した場合などは回収ができなくなる可能性があります。このため、資金量に余裕がない会社にとっては、売掛債権の存在は資金繰りを悪化させる要因になり、大きなリスクといえます。
このため売掛を嫌う場合には現金で取引をすることになりますが、やはり商品の購入の都度、決済をしていては取引がスムーズにいきませんし、取引先も嫌うところとなるため、大きな取引の足かせとなります。このようなことからいずれにしても、会社が大きくなるためには売掛債権の存在は消すことができないものであり、多少のリスクをとってもその利便性を優先することになります。

一方で、これら売掛債権を抱えて資金ショートさせてしまうということは多く、実際会社が倒産する理由が資金ショートに起因します。しかし、売掛債権は商売を続ける上で重要なものであり、まったく行わないというのは会社の成長を阻害します。このために生まれたものがファクタリングになります。
一般的に売掛債権は将来にお金を得られる権利になります。このため金銭価値が存在するものであり金融機関としては売掛金の状態を見てつなぎ融資を受けることもできます。
約束手形も売掛債権の一種ですが、これら約束手形は発行している銀行や専門の業者によって手形割引という形でお金を融資してもらうサービスもあります。銀行であれば比較的低金利で融資されますが貸金業者などは相応の金利をとられます。しかし、これらの方法はファクタリングと異なって、あくまでも融資であり、融資によって借入金という扱いになります。借入金は資金繰りの問題を先延ばししただけに過ぎず、また売掛先が倒産した場合でもその借入金は返済しなければなりません。慢性的な資金不足に陥っている場合にはこの借入金の存在が余計に経営を悪化させてしまうリスクがあるため、良い選択肢とはいえません。

ファクタリングのメリットとしては、融資ではなく売掛債権を買取ってしまうということです。融資ではないため売掛先が倒産したとしても返済義務はありません。このため売掛金を手っ取り早く現金に変える方法といえ、リスクを減らす上でも有用な方法です。ただし、デメリットも多いのも事実です。
デメリットとしては手数料や掛け目が必要になります。買い上げる業者も相応のリスクをとって買取っているわけで、実際に取引先が信用力に劣るような企業の場合には、それだけ掛け目が減ります。一般的には優良な企業であれば1割程度の手数料で買取ってくれるので9割程度のお金を得ることができますが、そうではない企業の場合には2、3割程度の手数料が必要で、8、7割程度に目減りしてしまいます。このためファクタリングを利用するさいにはよほど利益率の良い売掛金か、資金繰りのために仕方なく利用するといった性質のものになります。
またすんなりと買取ができるわけではなく、手続きでは債権譲渡を行わなければいけません。このさいに売掛先の企業の承諾を得る必要があり、また場合によっては債権譲渡登記が必要なケースもあり、すぐに現金化されるわけではありません。また現金化をしようとすることは売掛先に対して一定の不信感を与える可能性もあるなど一定のリスクが存在しています。

コメントは受け付けていません。