ファクタリングの賢い使い方について紹介します

ビジネスにおいてお金は非常に重要な問題です。商品を販売する場合でもサービスを販売する場合でもビジネスは行う段階で大きなお金が必要になるのが一般的です。不足する場合には銀行などの金融機関から借りるなどの対応で調達しなければならなくなりますが、必ずしも思っているような条件で自由に借入が行えるわけではありません。

ビジネスが好調でも好調でない場合でも、殆どの経営者が困った経験のある問題に資金繰りの問題というものがあるのです。事業資金はビジネスを行うために必要な資金のことですが、ビジネスを行うためには一定の元手を使って様々な仕入れも行わなくてはなりません。事業規模が小さい内は様々な問題が発生しうるのです。
資金繰りで困る場合にも様々な事情がありますが、大きな取引が発生した場合などはビジネスの状況が好調でも容易に資金繰りが困難になる場合があります。現代社会のビジネスの場合には契約が結ばれた後、先に商品やサービスの提供を行うのが基本です。

そして契約に従って一定の目標に達成した段階で支払いが行われる仕組みになっています。そのため売掛金というものが発生します。これは近い将来支払いが行われる予定のお金であり、その期日が来るまでは現金を入手できない種類のものです。

月締め請求の契約の場合には商品の納入やサービスの提供が完了してから支払いまでに一か月以上の期間が必要になる場合もあるのです。この様なケースにおいて、かなり大きな規模の取引が行われた場合には資金繰りが困難になる場合もあり得るのです。商品の提供やサービスの提供には資金が必要であり、その支払いに関しては売掛金がどのような状態であるかは関係が無いためです。
この様な一時的な資金不足に対して力になってくれるのは通常は銀行や信用金庫などの金融機関です。その時々で必要な資金を融資してくれることでつなぎ資金を得ることが出来ます。この様な融資をタイミングよく行うことが出来れば資金繰りの問題を上手に解決数rことが出来ますが、中小企業の中にはこの様な融資を速やかに行うことが難しいケースもあるのです。

金融機関も慈善事業ではありませんので返済能力に応じて様々な対応を行うことになりますし、場合によっては融資を受けることが出来ないこともあるのです。その様な状態になっても自社の支払期限は待ってはくれませんので、それに代わる何らかの方法を見つけなければなりません。
その方法の一つとして注目を集めているのがファクタリングと呼ばれるサービスです。このサービスは専門の業者が行っているものですが、比較的速やかに現金を得ることが出来ますのでいざという時のために知っておきたいと考える経営者は少なくありません。そのサービスの内容としては、売掛金の権利の譲渡と呼ばれるものです。売掛金とは先述した通り商品の納入やサービスの提供によって将来的に入ってくることが想定されるお金のことであり、請求書に対して支払われる現金と考えることが出来ます。この売掛金の権利をそのまま買い取ってもらうことですぐに現金を受け取ることが出来るのがファクタリングと呼ばれるサービスの中身なのです。

これは融資ではなく権利の売却になりますので利息を付けて返す必要もありませんのでわかりやすい仕組みであると言えます。
しかしこのサービスは便利に見える一方でデメリットもありますので使い方を間違えないようにしなければなりません。具体的には売掛金を買い取って実際の支払いを待つファクタリング業者には一定のリスクが存在しています。売掛金が振り込まれて現金化することなく倒産したり、踏み倒されるリスクも存在しているからです。

そのため業者の対応としては売掛金の先の企業の信用度に応じて手数料が必要になる場合が少なくありません。実際には売掛金に対して数%程度を手数料として差し引く仕組みになっていますのでファクタリングサービスによって売掛金と同じ額面の現金を入手することが出来るわけではないということを理解しておきましょう。
このファクタリング契約には自社と業者だけの二社間契約と、売掛金の相手先企業を含める三社間契約があります。しかしながらこの様なサービスを利用するのは資金繰りが悪いと相手に知らしめるようなものですので二社間契約を行うのが賢い方法であると言えます。二社間契約であれば通常通りに振り込まれた金額をそのままファクタリング業者に支払えば契約完了となります。

 

この様な使い方をすることで対外的な信用を落とすことなく問題の解決につなげることが出来るようになります。ある程度の時間的猶予があれば資金繰りには様々な方法が検討可能になるのですが、比較的短い期間で一定量の金額を用意しなければならない場合などにおいてはこの仕組みを賢く活用するということが最後の手段になる場合がありますので、経営者であれば把握しておきたい内容の一つであると言えます。

コメントは受け付けていません。