ファクタリングを申し込むための条件とは?

企業の資金調達方法はさまざまあります。とはいえ、銀行に融資をお願いしても審査に通らなければお金を借りることはできません。それに、融資や借り入れ・キャッシングなどどれも借金です。お金を手に入れると同時に利息も発生するため、返済時にはその利息の分をプラスして返済しなければなりません。中小企業の場合、資金の中で借入金の割合が40パーセント以上と高くなっています。決して最善の策とは言い切れないのです。

借金することなく現金をできるだけ早く手に入れたいというのであればおすすめの資金調達方法としてファクタリングがあります。銀行から融資を断られたような企業でもお金を受け取ることができます。なぜなら、ファクタリング会社との取引に使われるのはまだ未回収の売掛金です。将来的には現金に変わるけれどもそれまでの期間が長すぎて今の資金不足状態を解消できずにいるという企業におすすめです。担保が不要なので用意する必要がありいません。償還請求権なしで債権譲渡を行なうところを選べば、売り掛け先がたとえ倒産などで売掛金回収ができなくなったという場合でも、こちら側は負担する必要もないのです。貸借対照表がスリム化され、金融機関からの信用もアップします。

ただ、ファクタリング会社も商売としてやっている以上、売掛金をそのまま現金で手に入れることができるわけではなく、そこから手数料分は引かなければなりません。それに、銀行の融資の審査も通らず、売掛金を現金に急いで変えて、という自転車操業がもしも相手先企業にばれてしまっては信用にも関わってきます。ばれにくいよう注意するとともに、手数料分減ったとしても今現金化する方が本当によいのかどうか検討してから申し込みましょう。

融資と違い審査に通りやすいというのもこの資金調達方法のメリットではありますが、ただ誰でも売掛金の現金化が可能とは言い切れません。なぜなら申し込むための条件というのがあるからです。

この制度が利用できるのは法人のみです。個人事業主の場合は対象外です。資金調達のためには、ビジネスローンや銀行融資など借金の道しか残されていないのです。

ファクタリング会社は企業からの手数料とともに、売掛金を回収することで資金を得ています。そのため毎月の売掛金が安定しているかどうかというのも条件の一つです。回収できなければ損するからです。そのため、毎月の取引を確認するための書類として通帳などの提出が求められるでしょう。目安としては、6ヶ月以上の取引実績がある企業や、取引相手というのが国や自治体・保険事業など信用力が高いところであることとなります。

売掛金は今はまだ現金という形をしてはいませんが、売掛債権であり担保にもなりうるものです。すでに売掛債権を担保として融資会社から融資を受けている場合はその売掛を利用することはできません。二重譲渡となってしまうからです。

この資金調達法を受けるには法人であることが条件ですが、売掛先も法人であることが条件です。法人売掛先と法人中小企業との取引で生まれた売掛金のみが有効なのです。

売掛金を現金化する際の手数料ですが、5パーセントから20パーセント程度は差し引かれると考えておきましょう。そのため調達金額よりも5パーセントから20パーセント売掛債権額が高いということも条件の一つとなります。それよりも低ければ意味がありません。法人の信用できる企業とのある程度の金額の売掛金が存在しないと、何もない状態でお金が生まれるわけではないのです。今は手元に現金がなくて資金繰りに困っていても、実際には売掛金としてある程度の額は将来的に入る、そんな企業でないとこの制度を利用することは難しいのです。
担保が発生しないし、借金ではない、しかもすぐに現金が手に入る、とありがたい制度ですが、それを利用できるためにはある程度信頼に足るだけの実績を持っていないと申し込むことすらできないのです。

通帳などの提出とともに、信頼できる企業かどうかを測るための手段として面談もまた申し込みの条件とされています。ネット上の架空の会社も多く悪徳企業も多い中、ファクタリング会社も取引してよい企業かどうかを調べるためにはやはり会って取引すべきと考えているのです。たとえ全国対応しているところでも、面談は東京の本社でしか受け付けていないという場合もあります。現金がなく苦しんでいる中で、面談に向かうための交通費や宿泊代を捻出するのも大変ですし無駄な資金です。さまざまなファクタリング会社がある中で、手数料の額や必要書類が何があるかなども検討材料となりますが、近場にあってすぐに面談に行ける場所かどうかというのも前提に探し出すようにしましょう。

支払い期間が長い企業は、売掛金ならいくらでもあるけれど現金はないという資金不足に陥りがちです。この制度を利用することでうまく資金繰りを行ないましょう。

コメントは受け付けていません。