中小企業においてファクタリングを知っておくことは重要です。

企業における資金調達の方法としては、新株発行や金融機関からの借り入れなどが挙げられますが、近年では画期的な資金調達の方法として、ファクタリングが注目を浴びています。

ファクタリングとは、企業の売掛金や手形を業者(ファクター)が、基本的に償還請求無しで買い取ることにより、当該企業のスムーズな資金調達を可能にする方法です。

もう少し簡単に説明すると、基本的に売掛金や手形などは、それらが発生してから一定期間経過しないと現金が入ってこないので、急な支払いなどに間に合わないという場合があります。そこで、売掛金や手形を業者へ売却することにより、一定期間待つことなく現金が手に入るという仕組みです。

特に資金繰りが重要となる中小企業においては画期的な方法と言えますが、日本ではまだまだ仕組みを理解している経営者が少ないといえます。大企業はもとより、中小企業の経営者は知っておくべき方法ですので、積極的に知識や経験を積みましょう。
では、さらに詳しく説明をしていきます。まずは押さえておきたいいくつかのキーワードを挙げていきます。まずは、償還請求権です。償還請求とは、仮に買い取った売掛金が貸し倒れた場合に、売却元へその金額を請求することをいいます。基本的に権利の売買の場合には、買い取った企業側に償還請求が出来る権利(償還請求権)を有しますが、ファクタリングの場合には償還請求権が無い場合が多いです。

そのため、売掛金や手形を売却する側にとってはその分リスクが下がるので、確実な資金調達方法といえるでしょう。ただし、基本的には償還請求権が無いといっても、企業によっては償還請求権が存在するところもありますので、実施の際には必ず確認することが大切です
次に、債権譲渡通知というワードです。ファクタリングでは基本的に、売る側と買う側の二社間取引となり、売掛先や手形の発行会社は関係しません。これは、世間からのイメージが大きく関係しています。売掛金や手形の現金収入を待てずに換金しようとしている企業というのは、資金繰りに何か問題があるのではないかというイメージが出来上がり、それが取引先や仕入先などの場合には、最悪の場合取引の停止に繋がってしまいます。そのため、売掛先や手形の発行会社へ通知せずに換金することというのは、非常に重要な事項といえます。そのため、売掛金や手形を売却する場合には、債権譲渡通知の有無を確認するようにしましょう。
次に、譲渡担保です。売掛金や手形を売却して換金するという行為では、金融機関から融資をしてもらう際に不動産などを担保するようなことは基本的にありません。ただし、購入会社のリスク回避のために、不動産まではいかなくても、株式などを担保に差し出す場合があるので、心掛けておきましょう。また、購入側のリスク回避の繋がりでもうひとつ知っておくべきことが手数料です。購入会社は基本的に償還請求をせず、担保も受け取らないことが多いので、売却側に比べてリスクが高いです。そのため、取引にかかる手数料を高めに設定している場合が多いです。ただし、何度も取引していて信用のある企業が取引相手の場合には、取引回数や実績に応じて、手数料が安くなることもあります。それでも手数料は基本的に高めなので、安易に何度も実施するのではなく、緊急の際のみ実施することを心掛けましょう。
他に知っておくべきこととしては、審査の内容や消費税、着手金の支払いの有無などです。金融機関からの借り入れの際に審査があるように、ファクタリングを行う際にも審査があります。ただ、借り入れの際ほど審査は厳しくなく、仮に企業が債務超過の状態であっても通る可能性があります。そのため、借り入れの審査が通りにくい中小企業にとっては非常に有利といえます。また、取引自体や手数料は非課税項目なので、消費税はかかりません。そして着手金については、設定している所としていない所があり、出来るだけ設定していない所を選ぶようにすると効果的です。
以上の基本的な知識を有していれば、すぐにでも活用することができます。資金調達の必要性がある際には、すべての資金調達方法の費用や効果を慎重に判断して、一番効果的な方法を選ぶようにしましょう。また、既に譲渡した売掛金や手形を、自社の資金繰りなど他の目的で使うことは許されず、横領罪に問われます。これは、債権は既に譲渡しているので、所有権が購入側にあるからです。必ず知っておきましょう。
上手く活用すれば経営をよりスムーズに運営することが可能になりますが、なんの知識も有さずに実施することはリスクが高いです。難しいことは経験しながら学んでいけば良いので、まずは基本的な内容から知っていくようにしましょう。また、説明した事項以外にも、たとえばファクタリングの種類やそれぞれの特徴など、知るほど得するものもあるので、積極的に勉強するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。